HOME > これからの定期預金

これからの定期預金

一昔か、もうちょっと昔の昭和の後半辺りでは定期預金でも金利がよくて十分投資としての意味合いもあったかもしれません。しかし、低金利時代になって定期預金は普通預金よりも少しだけ金利がよいというぐらいであまり投資として考えられる対象とはなっていないのが現状です。株式などの投資と違って預金は元本割れしないですし、日本国内においては預貯金は保障されているのでまだまだ定期預金を利用している人も多いのではないでしょうか。これほど利率が低いとただ預けるという意味合いのほうが強くなると普通預金と変わりなく、逆にすぐに引き出せないというデメリットが際立つ結果となっているように思います。これからもこの低金利が続くようだと定期預金の存在の意味がさらに薄まっていくように思います。銀行は今までの定期預金にさらに何かサービスもしくは特別金利制度などを導入して投資の要素を増やすなど工夫が必要かもしれません。

ネットバンク一覧

ネットバンクの魅力

ネットバンクに貯金

投資も良い選択肢

定期預金カテゴリ

銀行ってどうなの?

運営者情報