HOME > 目的をもって貯金をする

目的をもって貯金をする

"お金を貯めるという行為は、自分自身の将来に向けて、ある意味夢を買うための可能性を一つ、一つ現実の物に変えて行くことに近い行為だと思います。けれども、目的のない貯金は、お金の奴隷と成り下がるようなあまり意味のない行為だと考えます。
目的をもって貯金するということは、まず生活に置いて必要な物を見つめる、あるいは見つける行動が必要となります。これは生きていく上で非常に重要であり、けれども、重要なことであるけれども、日常の中でおろそかにされがちだと思うのです。
だからこそ、目的をもって貯金をしている人は、ある意味、自分の人生において、必要な物を見つけ見極めている非常に懸命な人であると思うのです。けれども、何も目的がなく守銭奴的に貯金をある種の趣味としている人は有効に使うことのできるお金を深い穴の中に埋めている行為にとらわれているに過ぎないのでしょう。
お金を有効に使うためにも、目的をもってしっかりと貯金をしていく行為はとても大切だと思います。"

ネットバンク一覧

ネットバンクの魅力

ネットバンクに貯金

投資も良い選択肢

定期預金カテゴリ

銀行ってどうなの?

運営者情報