HOME > ネットバンクの金利はなぜ高い?

ネットバンクの金利はなぜ高い?

一般的に、ネットバンクは店舗型銀行と比較すると金利が高めに設定されていることが多いようです。これは、ネットバンクは店舗を持っていないタイプの銀行なので、店舗型銀行の中で見かけるたくさんの従業員にかかるコストがかかりません。人件費が大幅に軽減できるために、金利として私達により良いサービスを提供する事ができるのです。

ネットバンクの金利は人件費の節減だけによるものではありません。店舗型の銀行が営業する際にかかるコストを見てみると、もちろん人件費も大きいですが、建物を建てる際にかかる莫大な費用、そして電気や水道などの光熱費、通帳や用紙などの経費など、あらゆる経費がかかってくるわけです。

ネットバンクを見てみると、建物にかかるコストもありませんし、取引照会なども全てネットで行うことができますから、通帳代や用紙などにかかるコストもありませんよね。ネットバンクは、ネットを利用することで銀行側にとってもお得、そして利用する私達の側にとってもお得なのです。

ネットバンクの中でも金利は一律ではなく、それぞれに特徴があります。普通預金の金利が高いネットバンク、定期預金に強いネットバンク、金利自体はあまり高くなくても手数料が完全無料だったりして結果的にお得感が大きくなるネットバンク、そして、ローンなどの借り入れによってキャッシュバンクがあるお得なネットバンクなど、ニーズと用途に合わせて自分にピッタリのネットバンクを利用することができます。

ネットバンク一覧

ネットバンクの魅力

ネットバンクに貯金

投資も良い選択肢

定期預金カテゴリ

銀行ってどうなの?

運営者情報